【DQN、ヤクザ、メンヘラ】厄介者のブラフが読めれば世の中は少しは楽になる。

yakuza.png

今まで大声で怒鳴っている老人が少し相手が強い口調になれば黙ると言うような場面を見たのは一度や二度ではない。
何故そのような事が起きるのか、その老人にとって怒りはブラフに過ぎず、相手が人間的感情をぶつけてきた時にまで対応できるものではないからで、要するにハリボテだ。
ブラフは結局、本来の力を発揮しないハリボテなのだから、厄介な人間のブラフが読めればどれだけ世の中が楽になるか知らない。

【カバチ!!!(16)感想】不満そうな顔をしている人間が被害者とは限らない。

face_angry_man3.png

カバチ!!!と言う漫画には浦見と言うキャラクターが登場する。
何か言われると直ぐに不満そうな顔をして勤務態度も悪い為作中ではブラック社員と称されており、この登場人物は勤務態度が悪いだけではなく勤務先も同僚も自分の利益の為に罠に嵌める。
不満そうな顔をするというのは、一つの防御作でありプライドを守る行為にもなるだろうし、被害者のようにも旗には認識させる事が出来る。

他人が不満を持つような事をしたくはないと言う人は多いが、世の中には直ぐに不満を持つ人もいるし、そんな人にあわせていては、本来通せる物も通せなくなる。
世の中には不満を持って当然な状況でも不満を持たない人もいるし、些細な事で不満を持つ人達もいる。
どうせ何をしても不満を持つような人間の心を慮って、耐えている人には要求を通すのは不公平だ。
本来ならどちらにしろ言う事は言わなくてはいけない。
そうしないと簡単に不満を持つ人間を上位に置かなくてはいけなくなるし、そう言う人間は直ぐに搾取する側に廻ろとする。

直ぐに不満を持つ人間はどうせ年がら年中不満なんだから、知るものか。
寧ろそう言う人達こそ年がら年中不満になるような厄介事を被せるべきで、不満を持たず耐えている人達に益々厄介事を背負わせるなんて冗談じゃない。

体と心は常に似たものを求める本能がある。

animalookami.png

心と体と言うのはのは面倒なもので、常に同じものを他者から補わなくてはいけない。
心は体と違って同じものを補わなくても消費しないように見えるから、ついつい大丈夫だと思い勝ちだが、実際には消耗している。
今の時代食に関してはある程度痛い思いをしなくてもよい部分が出てきたが、人間関係は未だに狩りと同じ部分もある。
上手い人間関係にありつける事もあれば、拒絶され痛い思いをしなくてはいけない事もある。
だからと言って完全に閉ざせば心が死ぬ。
狩りは恐ろしく骨を折るだろうが、あれは分かりやすい。
息の根を止めれば、自分の糧になり、食べれなければ分かりやすく痩せ細る。
人間関係はそのように分かりやすくはないし、供給がいつ止まるかも分からない。
銭があれば手に入る現在の食料事情と、人間関係は今や全く分かりやすさが違う。
心は知らない間に痩せ細るし、いざという時のセーフティーネットはある意味食より脆い。

【ネット炎上】ネットの誹謗中傷は地獄の亡者も取り締まるが現世の人間も喰う鬼のような存在。

images_201712021414113f8.jpg

ネットに置いて、誹謗中傷をする方もされる方も性格が悪い場合が多く、彼等は地獄の鬼と、地獄の亡者のような関係で旗から見れば同じぐらい性格が劣悪な存在だ。
鬼は現世から見れば恐ろしい存在だが、鬼が居なくては地獄の亡者達は取り締まれない。

これがネットの誹謗中傷について言える問題で、誹謗中傷する人間なんて大抵は性格の悪い人間で、存在しなければ良いと言いたいのだが、彼等が居なければマナーの悪いネット民が益々居座ってしまう。

まるでネットの誹謗中傷と言うのは現世の人間も喰うが、地獄の亡者達も取り締まっている鬼のような存在で、彼等が存在しなくても人々が人々に迷惑をかけない世界を天国と呼ぶんだ。

無責任な人か、可哀想な人か、感性のあわない人かに腹を立ててもあまり意味はない。

face_angry_man3.png

最近は自分の寂しさに気付かない人間が、どうして寂しいのかも分からずに吠えているのか、或いは感性が違う人間だから意見があわないんだろうと考えるようになったから、言葉尻をとって腹を立てるような事はあまりなくなった。
一時的に収まったと思っているだけだが、腹が立つ人間と言うのは大抵可哀想な人間か、感性が違う人間だ。
言ったて分からない人間の区別はある程度つくし、大体自分は無責任か、可哀想か、感性があわない人間に腹を立てているのが分かった。
無責任な人に、無責任と言い、可哀想な人に可哀想と言い、感性があわない人に感性があわないと言った所で、大して解決なんかしない。

不都合な真実を隠す時、人は言い淀む事がある。

001.jpg

言葉が続かない時、人は急に怒ったり、″常識だから分かるでしょう?″と言うような言い方をしたり、話題を変えたりするのだが、それが質問に対する回答なら相手は適切な知識を持っていない可能性がある。
確かに特殊生態系理論を一般人に教えるとするとそれは大変な作業だろうが、人にプランや性能を教える職業の人間が、急に話題を変えたり、常識の話をしたり、怒ったりするなら、大抵の場合何か不都合な事を隠している。

【下流コミュニティの怖さ】転職応援団は半年でも放置していればアンチになる。

face_angry_man3.png

自分にあった職業が分からず停滞している人と言うのは少なからず居る。
ブログにも居れば、ニコ生にも居るし、ユウチュウバーにも居るのだが、そう言う人達には私が勝手に″転職応援団″と呼んでいる人達がリスナーとしてつく事がよくある。
転職応援団の厄介な所は、半年間でも停滞していたら急にアンチになることもあるし、万が一でも転職応援団より高給取りにでもなろうものなら急にイライラし始めたりする。
私個人は既にとっくの昔にクラゲねこさん路線から脱落している為、もう全く具体的な生活の事を書かないのだが、転職応援団がついている媒体を見たりすると羨ましいと言う感情もあればそれ以外もある。