【分かりやすい対象になる恐怖】謝罪会見を開くと関係ないような人にまで怒られる。

謝罪用_profile-300x200

日大悪質タックルと言う単語は私も聞いた事があるし、内容は特に詳しくないので分からないがその件で日本大学の地位がある人が謝罪会見を開いたらしい。
悪質タックルと言うぐらいだし、ざっと聞いた限り実際命に関わる事件なのだが、只一つ明らかなのは、通称悪質タックル事件で地位がある人が何を謝ったとしても、それは私に向けた物ではないし、俗に言う日大ブランドが落ちた事で周りまわってもしかしたら私にも本当に小規模に影響があるかもしれないが、それについて私は文句を言うつもりはない。

只しかし世間では謝罪会見を開いた人を何となく叩いてもよいと言う風潮があり、仮に私が日大悪質タックルについて烈火の如く怒っても、それはあまり世間から見て常軌を逸するほど以上と言う訳ではない。
何を言いたいかと言うと人は分かりやすい対称ばかりを叩き、一度分かりやすい対称になると頭を下げなくてもない相手にまでヘコヘコし、いわれのない分まで悪意を向けられ、挙げ句私みたいな訳の分からない有象無象にとやかく言われるんだ。

自分の事しか考えていない見知らぬ他人には同じ態度で良いのではないか。

20160402082451.png

自分の事しか考えていない人に対しては知人でもない限り特に気にしなくても良いと思う。
そんな人に認識を持つと自律神経も乱れるし、お互いそう他人の自我が張り付いた特別に特別感なんて感じてはいないし、感じる必要もない。
リアリティなんてなくても良い、相手も所詮他人の人生にリアリティなんて感じてないから先に書いた態度だし、年齢が上がれば自分のレベルとマイナスを避ける気持ち、疲労感が勝手にトロッコを押し始め、いつの間にか歩いているだけだ。

敵と味方は大義名分と風向きで変わる。

3601d32293b89d244bdbf826d733b5c0_600.jpg

敵と味方の違いと言うのは立場の違いで、本当に小さな理由でも敵と味方には大義名分がある。
では風向きが変われば変わる大義名分の為に敵だったら迫害し、味方だったら優遇するのか?
敵の時は大義名分の元にどんな小さな隙間にも肩からぶつかっていき、自分がされたらまるでこの世の理不尽を一心不乱に背負ったように大騒ぎをし、世間にわざとらしく言いつけて、何とも言えない目を向けられるのか?
敵も味方も只生きているだけだ。
本当は誰も特別なんかではない。

恨んだ人の自尊心が見たくないから恨みたくない。

face_angry_man3.png

仮に恨みを返したとして、相手が被害者顔をするのは目に見えている。
気に入らない人間の自意識ほど、気に触るものはないのでだから恨みは極力持たない方が良い。

集団の中で自分に対して評価が違う人に対する対応について。

shutterstock_132759020.jpg

私の態度と言うのは周囲にあわせているだけなので、特に決まったものと言うのはない。
ただ面倒なのは、周囲の印象的にはマイナスだが、何らかの理由で集団のAさんにだけは印象がプラスと言う事態が私の性格から産まれる場合があり(逆の場合はマイノリティの意見は無視して置けば良い)、そう言う時私はどうしたら良いのか分からない。
その温度差が後にどうなるか分からないのが恐いのだ。

キンタローブレイクは世間的にはどうでも良くても本人にとっては特別。

2017-10-06_19h51_25-e1507287269120.png

テレビは年々存在感を薄めているがキンタローと言う芸人は、それでもテレビがまだ明らかに見られていた時期の一発屋芸人だ。
ギリギリテレビが生活習慣に根差している人がまだ多かっただけに、それでいて昔のようにかぶりついては見ていない為に逆に、売れ始めた敬意の分からないお笑い芸人が急にテレビでブレイクしていたと言う居心地の悪さを覚えた人も多いはずだ。

しかしブレイク時のキンタローが「今私売れています」と言った所で「で?」と思うだろう。
他人が自我満々でいる時なんて、その程度だ。
それはテレビ局に入ればキンタローについて他に何か思うだろうが、他人なら「で?」だ。
ただ他人から見たら「で?」でも当人から見たらそれは特別で、まるで周りは自分をとっくにご存知であると言うような表情をした人は沢山いる。
当たり前の話だが他人から見たらどうでも良い事も当人からしたら特別なのだ。

攻撃的鬱病で被害者気質で自己愛性の強いネットのうざいオッサンが使いがちな絵文字。

DdPkqP7U8AEbjl7.png

自分もそうだが自己愛性が強く被害者気質(かわい子ぶりっ子で鬱気質で攻撃的)なおじさんが使いがちな絵文字( ̄▽ ̄;)🤔
いったい何をそんなに呆れているのか?
いったい何がそんなに疑問なのか?
自分も他人から見たらそうなのではないかとは毛ほどにも考えないのだろう。