嫌われ者のブログ

「お客様の幸せは営業の幸せ」の本当の意味と営業のサイコパスのような心理感。

営業が教科書的に言いたがると私が偏見を持って見つめている台詞。少なくとも私が今読んでいる本(営業の魔法)には″営業は、商品を利用して下さった人が喜び、そして幸せになっていただくことが第一の使命です。私たちは、お客様からいただく、『ありがとう』…

干渉しない事がベストならもうそれで良いのではないだろうか。

世の中には色々な繫がりがあるだろうが干渉しない事がベストならもうそれで良いのではないだろうか。

情とは持ち合わせるものではなく決断するもの。

私にとって情とは持ち合わせるものではなく決断するものだ。事態が起きた時に行動する物で普段は持っていなくても良い。

営業の本質の一部は嫌がらせ。

オレオレ詐欺も飛び込み営業も、本質は同じ。一件一件を金に変える。それが出来るまでチャイムを押し続ける。これを嫌がらせと言わずに何と言う。契約の為なら何度もしつこく食い下がる。私が今読んでいる本(営業の魔法)には″営業は、商品を利用して下さった…

サザンオールスターズの闘う戦士(もの)たちへ愛を込めての歌詞のように考えているのが営業。

今読んでいる本(営業の魔法)に″営業は、商品を利用して下さった人が喜び、そして幸せになっていただくことが第一の使命です。私たちは、お客様からいただく、『ありがとう』ということばだけが最高の報酬なのです。″と書いてある。馬鹿らしい。一から十まで…

営業の客はあくまで契約が成り立つ相手だけ。

多くの商品にはターゲット層が設定されており、そしてターゲット層からずれた人間から幾ら馬鹿にされてもやると言うのが金儲けだ。オレオレ詐欺や架空請求を仮に商売とするなら成りたっているからなくならない。百人から拒否されてもそこから一人でも契約が…

出来るだけ手っ取り早くしょうもない人間を見抜けるのが挨拶。

挨拶に興味はないがやらないに越した事はないだろう。衝突は最小限に抑えれるし、返してこない人間も分かる。挨拶なんて別に返してもらわなくてもかわないのが、出来るだけ手っ取り早くしょうもない人間を見抜けるのが挨拶。挨拶をすれば自分のしょうもなさ…

サイコパスだから冷酷だとか、エンパスだから優しいとかそういう事はない。

サイコパスだから冷酷だとか、エンパスだから優しいとかそういう事は全くない。サイコパスを気取っているとかエンパスを気取っているとかではないかぎり、サイコパスとエンパスというのは、あまりにも深くその人に刻み込まれている。サイコパスが自分の利益…

家事を賃金に換算できたのは戦前・戦後・昭和までの話。

旦那が一番無防備な時に一番の嫌がらせをしてくるような性格の人間がいたとして、そんな状況で旦那が大成するとは考えにくいし、寧ろ逆効果だ。家事を賃金に換算したがる人はいるが、昔の女性は本当に男性をたて、本当の意味で家事が仕事だった。相手はたて…

国民の多くがメリットがあるから法律を守っているだけ。

スラム街・発展途上国で犯罪が極端に多いのはルールを守る事にメリットを感じない貧乏人が多くいるからだ。国民性等と言う舌触りの良い言葉でくるんでも、結局は国民の多くがメリットがあるから法律を守るだけで、生活の破綻から犯罪に手を染めるのは私は全…

人間に産まれた以上、不幸にして良いしそれは人間の自業自得。

人間に産まれた以上誰もが搾取し甘い蜜を願うのに、どうして人を不幸にしてはならず自分の時だけ一番の被害者のような顔をして他人の時には優しくしてあげれないのか。不幸にして良い理由が産まれつき備わっている不幸を寄せ付ける病気の子猫のような身分な…

衣食住に困るのであれば社会に通すべき筋もない。

現状衣食住に困っていないから社会には感謝をしているが、衣食住に困るのであれば社会に通す筋もない。衣食住に困るのであれば社会のルールも私の命も見え方もどうでも良い。私の言い分は多くの人と同じように環境に依存しているだけだ。その環境が劣悪なら…

【予言の自己実現】言われ続けるとむしろ悪いレッテル通りに生きようと言う心理も働く。

お前なんてどうせ〇〇だろうと言い続けられて悪いレッテルを張られてまでそのイメージを覆す努力をしなくてはいけないなんて馬鹿らしい。メリットがある内しか、そのイメージを覆すように努力はしたくない。それが逆に良いレッテルでそれを必死に守ろうとし…

情なんて重い荷物を持つ手を妨害されてまで持つべき物とも思ってはいない。

情なんて本当に面倒なものでだがしかし、捨てないように努力している。しかし重い荷物を持つ手を妨害されてまで持つべき物とも思ってはいない。

好かれるのが難しい人は居ても、嫌われるのが難しい人は居ない。

好かれるのが難しい人は居ても、嫌われるのが難しい人は居ない。嫌いな人間からプレゼントを貰っても嫌いでも、好きな人間からでも嫌がらせを繰り返されれば嫌いになる。だからヒカキンになるより、ヒカキンアンチになる方が遥かに簡単だし、横山緑になるよ…

自分を守ってくれるルールを人は守る。

ルールに守られている内はルールを破るような事をしてはいけないし、ルールで守られている国民が多い国は比較的治安が良い。しかしルールで守られていない国民が多い国は治安が悪い。ルールで守られている内は私もルールを守る

急いでいる人の心を察さない人の心理。

急いでいる時に、何故かこちらが話しかけた目的には全くそぐわない謎の世間話のような話に持ち込まれたり、「え?何ですか?そんな物はないですよ」と鼻から知りもしないのに何故か頑なにこちらの話を受け付けないあの行動は一体何なんだろうか? 30代を過ぎ…

何故ネットにいるだけで興味のない対象から目を逸らしてはいけないのか?

ネットにいると無視を許さない人と言うのはたまに見るが、何故ネットにいるだけで興味のない対象から目を逸らしてはいけないのかと言う気持ちも私の心の一部にはある。見ず知らずの他人が書いた文字列や動画に学ぶ事や、興味をそそられる事がないならそれは…

【5ちゃんねる・2ちゃんねる】何故匿名掲示板の住人は乱暴で偉そうな溜口が多いのか?

匿名掲示板の住人と言うのは乱暴で偉そうな一人言のようなタメ口を書き込む人が多いのだが、偏見を言うとあれがあの人達が世の中に対して本来そうありたい口調で、現実でもそう言う口調で生きているのかは兎に角、要するに世の中を舐めているからあのような…

ストレスが体に悪いならもういらない。

ストレスは私にとって心の故郷のような話で、変な話ストレスと言う物が生きている罪悪感を緩和させてくれるとても重要な物だった。だから自分に対する悪口は積極的に聞いた。だが最近ストレスが体に悪いと言う事を実感し、私はストレスを制限する事にした。…

私の人生は高望みしたり、他人と張り合おうとすると碌な事がない。

高望みしたり、他人と張り合おうとすると大抵は良くない事が起きる。自分の人生を淡々と生きるしかない見たいだ。非科学的な事を言うなら江原啓之の自称霊能力者が言うには守護霊と言う存在は自分と似た存在らしいから、ムキになったりあり得ない欲を抱いた…

敵対する人は極力無視したい。

敵対する人から選ばれるのは大変に面倒な作業なので、無視できるものは極力無視したい。謝罪の言葉はいくらでもあるがそれを言っても相手の気持ちにプラスが産まれないなら謝罪しても相手にとってメリットがないし、善処出来ないならやれる事がない。敵対に…

【加害者と被害者の関係】相手を嫌うと言うのは自分も嫌われる意思表示である。

嫌ったら嫌われるのはある程度予測がつくはずだが、相手も自分を嫌っている事が分かると″えっ!!?″みたいな態度を取る人がいる。 大体人を嫌いになるのは相手にマイナスを与えたられた時だから嫌いな人がいる人間は″被害者″で当事者の認識からして自分が嫌…

デメリットを与える為に親しげな態度を演出する人間の探るような目つきについて。

余計な事を言われるなら親しくならない方が良いし、自称大人のような態度の擦られてきた海千山千の人間は親しかったら物事を言えると考えている人も多い。しかしそう言う人は、表面上は優しい声で話かけてきても探るような目つきをするのですぐに分かる。

些細な事で自分を特別がる子供みたいな大人が増えている。

私もそうだが、ネットと言うのは誰でも文章を書き込めるので、特別ではない人間が特別ぶって書いている文章をたまに、或いはよく目にする。実在しないような例えをあげるならまるでバーの敢えては誰も上がらないステージに勝手に鎮座し喋り始める可笑しな人…

心を閉ざしている人には心を閉ざすのがマナーな事もある。

心を閉ざした人には、心を閉ざすのがマナーなのではないかと最近考えるようになった。スーパーやデパート等ではそのような態度はないし、或いは今から話す舞台になるコンビニも昼ならそのような事はないのだが常連客を敵視する深夜のコンビニ店員と言うのは…

【医者のお役所仕事】ルーチンワークの仕事をして当たり障りなく帰りたい医者は多い。

能力があって平穏無事な生活を祈るなら高給取りになるのが、一番良い。財産がある人間は差別から守られ、老後は守られ、それはトータルで見ればストレスから守られる=平穏無事な生活を送れると言う事になる。あくまで背伸びではなく見あった場合の能力があれ…

【弱者の連帯責任】マイノリティになると社会の目と他のマイノリティの足手まといな言動、両方が敵になる。

″当たり前(の価格では)買えないですよね″とテレビメディアの前で語った何とも言えない醜い顔をした人の親であり、そして生活保護自給者を恨んだ自給者はどれ程いただろう。あれは周りの目が見えなくなった当事者の典型例であり、″自分が不幸だ″と言う認識が…

人は該当項目を見て態度を変えているに過ぎない。

人は人の該当項目を見て好きになり、該当項目を見て嫌いになる。成文表示みたいなものだ。嫌われている現実も、好かれている現実も、実際には実際が好かれている訳でも嫌われている訳でもない。該当項目が批評されているだけだ。

好かれ続ける事は諦めている。

ずっと好かれたと言う経験がない為、好かれると言うのは季節物だと思っている。それに私は好かれる事を調節出来るようなコミュニケーション上級者ではないので、たまたま好かれた物を長引かせる能力もない。むしろ長引かせようとすると裏目に出てきた。だか…