思考

社会に強い悲しみと怒りを持ちながら人命に奪う価値が無いと知る人間はどうすれば良いのか。

人命を奪う事に意味があると思うなら人から奪うだろう。それは当人の答えだから一度その解答を導き実行に移してしまった人間は絶対に反省はしない。では人命を奪うに意味がないと分かりながらも、社会に耐え難い怒りや悲しみを持つ人達はどうするのが正解な…

半年後、一年後、五年後、通り魔事件はまた起きる。

犯人を強い言葉で非難すれば通り魔事件が無くなる訳ではない。半年後か一年後か五年後か通り魔事件はまた日本で起きる。今のネット社会では通り魔事件なんて起きれば誰もが好き勝手をコメンテーター気取りで書き込み、その書き込みが人間は自分の事しか考え…

世の中は通り魔や死刑囚の怒りや悲しみを理解しないからキャリアや金を手に入れるしかない。

死刑相当の罪を犯す人間の心に、世の中に自分の怒りや悲しみを分かって欲しいと言う気持ちが少しでもあるなら残念ながら世の中は弱者である殺人者の悲しみも怒りも理解はしない。彼等が理解できるのは自分の怒りや悲しみのみでしかない。だから世の中が憎か…

運命を変えると言うのはアメコミのデットプールがやるようなフィクション。

私の偏見の話をしよう。自分の身分を努力だと語りたがる一部が呼ぶ上級国民は多い。自分の身分を運や外的要因のせいにする一部が呼ぶ下級国民は多い。では創作の会話を見てみよう。 「こんなはずじゃなかった何もかもアンブレラのせいよ」「あんたもそうだろ…

私は科人だ。

私は無知と能力の無さと不運から数々の罪を犯して来た。だからその罪をいつ暴かれるのかと日々怯えていて人の些細な反応に日々恐怖している。私の認識がそうなのだから暴かれる暴かれないは抜きにして科人として罪と向き合い生きるしかない。

無知の先にある罪はまるで避けられない運命のような呪いだ。

福島原発の行く末を知っていればあの場所に原発は作らなかっただろう。交通事故で人の命を奪うと知っていれば池袋暴走事故の俗に言う上級国民も免許を返納しただろう。しかし人にはそうなると知らなければ何度でも同じ状況を繰り返す場面がある。それを罪と…

性格の悪さを自覚する人間は純粋無垢な存在に強い憧れを持つ。

邪な人間は純粋な人間を知る。純粋な人間が何を知っているかは知らないが、自分を純粋だと思い込んでいる人間は自分本意のポジショントークで分けた純粋・不純を頑なに正しい境界線だと信じて譲らないように私には見える。 邪な人間は真に純粋な存在がどれだ…

人事を尽くして天命を待つと言うが天命は確率に過ぎない。

人事を尽くして天命を待つと言うが人事を尽くしても幸不幸で分けたルーレットの確率の幸が増えるだけで、天命が不幸で止まる可能性も普通にある。天命は神様ではなく確率が決めていて、その確率を神様と呼ぶならそれもそうだと思うが、確率に慈悲の心なんて…

不幸は只の確率でしかない。

自分は不幸に相応しくない人間だからとか、不幸になる事を考えていなかったからとか、不幸にならないように生きてきたからとか。そう言う風に考えていたから不幸にならないとか、そう言う風だったから不幸にさせるのはおかしいとか、そう言う風だったから不…

死んだらどーする

何度も心の中で神と対話を続けてきた。もう駄目かもしれないと思う事も何度もあったが、その度に救われてきた。しかし今回ばかりは本当に駄目かもしれない。本当に駄目ならせめて死に方ぐらい決める為に、最終通告から余裕を持って動くしかない。

人のゴミ袋はわざわざ覗かなくても、ゴミのような言葉は読んでしまう心理。

汚い言葉と言うのはゴミ箱に捨てられたゴミのような物でまさに吐き捨てると言う表現がしっくりくる。人のゴミ袋はわざわざ覗くべきものではないが、ネットではその事をしばしば忘れてしまう。一見するとゴミではないがそれは吐き捨てられたゴミだ。大抵の場…

罪に運の要素は介入させる訳にはいかない理由について。

宝くじが当たれば人は運が良かったと言うだろう。しかし罪を犯せば人は運ではすまさない。当たり前な話だとは思うし正しい世の中だと思う。しかし仮に一から十まで同じ行動を取り数字を自分で予測しないタイプのくじに当選したAさんと当選しなかったBさん。…

関わり合いになりたくない感情を逃げたと言われてしまうと、何も言えなくなる。

関わり合いになりたくない感情を逃げたと言われてしまうと、仮にストーカーが対象の女性に「どうしてキミは僕から逃げるんだ?」と問えばそれは逃げるだろうと言う感じだ。逃げたと言う言葉は言葉の意味事態より、誰が言ったかが大事になる。

執着心は無様になる事も多い。

執着は無様になる事も多い。本当の愛情は自然に生まれる物なので無様になる事は少ない。2つを分けるのは自然か自然ではないかだが、別に不自然だからと言って、それが必ずしもマイナスになると言う訳ではない。只不自然は失敗した時に只無様なのだ。無理矢…

努力や才能は運の副産物に過ぎない。

【900万〜1,500万分の1を征した精子と卵子の組み合わせ+受精した日の精子の顔ぶれ×収入も含めた両親の組み合わせ】で自分が生まれる可能性は一説には1400兆分の1。toto BIGのキャリーオーバー時の当選確率が478万2969の1。ちなみにtoto BIGを…

どんなに寂しくても搾取される人間関係に依存してはいけない。

どんなに寂しくても搾取される人間関係に依存してはいけない。人間関係は対等である必要は別にないが、搾取されるだけならそれは奴隷だ。人間関係は必要だが、精神的或いは物質的に搾取されるだけならそのような人間関係は必要ではない。

相手に心があってもなくても自分ができるベストな選択は同じ。

例えば一方はゲームの選択肢で、もう一方は現実だとして、その自分の選択で相手の状況が変わるとする。するとよっぽどすっとんきょうな答えでもない限り現実でもゲームでもとる選択肢は変わらない物になるのではないかと私は考える。特に最近のゲームはリア…

結末は決まったようなものなのに変えようとするのは奇妙。

人生逆転バトル カイジ(TBSテレビ)では、最後までヘイトを貯めず自分がやるべき事を淡々と行ったニートチャーハンが勝者となった。鉄骨渡りの際に渡れないと狼狽するような人間に勝者の資格はない。多数派を決めるゲームで自分から孤立するような人間に勝者…

自分の評価が独り歩きするという事。

自分を見た人の数だげ私(自分)がいるというのが私の考えで、私がどんなに否定しても相手にとって私が″そう言う人″なら、 (勿論それは、時と場合によるが)既に否定しても意味がないのではないかと私は考える。自分像には色々あって、情報の共有と、或いはこの…