弄られていて一番困るのは便乗してあること無いことを言うキョロ充、陰キャラ 。

images (1)

人を適切にいじるのは難しくて、上手くいじってくれる人の前ならサービス精神で多少は大袈裟なそぶりを見せる人もいると思う。 
私は今までそうしてきたが、弄るのも弄られるのも本当に難しい。

大抵あるパターンは弄られる場合、多少は大袈裟なそぶりをしていたらその態度に便乗して多少のあること無いことを言う人が現れる事があり、それをそのまま放置すると人間関係が不穏になる。
だからそう言う場合は、今までの多少の大袈裟なそぶり素振りからは距離をとるしかなくなる。

人間関係の優位みたいな事を気にしてそう言う事(あること無いこと)を言うのは分かるのだが、仮にどうもそう言う事をするから毎回人間関係が上手くいっていないと言うような人間とはどう接したら良いのか。

デメリットが一杯になるからこちらも人間関係を見直すしかないが、多少は悪く言ってもらっても全然良い。
ただ此方の足元を見るような事をされてまで、今まで通りの付き合いもする訳にもいかない。
結局話題作りの為にそう言う話をしていて、こちらが距離をとった時の表情を見れば今まで何回そう言う事で人間関係を失敗したのかが分かる。
私としては限度を超えなければ付き合いたいが、限度を超えるなら付き合えない。
別にその人が口惜しそうにしている姿が見たい訳でもないし、何で丁度良い段階で辞めておけないのかと苦々しく思う。

私は寂しい人間、仮に相手も寂しい人間同士ならどうしてそんな事で、距離をとり自分から孤独に近づくような事をしなくてはいけないのか。