アンチは理由は後で結局嫌いだから叩いている

face_angry_man3.png

批判の文章

ブログを書いていると沢山の事を書かれます。 はじめの内はブログに批判が来る度に自分の中で善処して噛み砕いて対処していたのですが、中々困ったことに批判はおさまらず、結局彼らにとって私を叩く理由は関係なく只叩きたいだけなのかなと思うようになりました。

要するにどういう事!?

理由が先でも嫌悪感が先でも特に関係はない。 叩きたいから叩くと言うのがネットにいる上での多くの人の正直な心情だと思う。 現実で人の動きを止めているのは罰の意識だが、ネットはまだまだその変が緩く機能しても随分不自然なものになってしまいそうだと私は思う。 何故ならネットはネットだからだ。