【陰キャラ、ブサメン、コミュ障】非リアの恋の結末を描いた能楽″恋の重荷″。

images (1)

能楽″恋の重荷″と言うのは週刊少年ジャンプで連載されていたD.Gray-manの1エピソードの下敷きとして使われた物語であり、老人が若い娘に年甲斐もなく恋をする事。
騙されたと知った翁が怒り狂う事、私は恋の重荷について断片的にはこれだけしか知らない。

知りはしないが人は幾つになっても人は人を好きになる可能性がある事、しかもその感情は枯れたと思ってはいても、いつ押し寄せるか分からないとものであると言うような誰の身にも起こり得る話を物語にしたものだと思っている。

叶わない感情と言うのは本来であればある程度諦める事は可能だと思うし、それが現金で買えるものなら身の程と現実を知り尚更だと思うのだが、人の心と言うものには値段がついていないため諦めると言うことは中々困難なのだろう。
感情を納得させる事が困難な事と言うのは難儀だ。