チャンネル登録者数と評価を隠すユウチュウバーを叩く人達の理由。

face_angry_man3.png

ユウチュウブは今はチャンネル登録者数と、評価を隠せる。
しかし登録者数と評価を公表しているユーザーの方が多いので、隠しているユーザーに″ださい″とか″逃げている″と言う感想を持つユーザーがいても、全く可笑しくはない。
コメントが出来るというのはブログでも最早お約束なのでユウチュウブでコメント欄を閉鎖するなら確実に″ダサい″と言うような感想を抱れるだろう。

でも仮にコメント欄や評価数、チャンネル登録者を隠している人を叩く人がいたとして、恐らくその人は″皆は隠してないから″と言う理由で叩いているんだろう。
でもそんなものはレジ袋有料化で一時期騒いでいた消費者みたいなもので、皆が右に習えとコメント欄やチャンネル登録者や評価数を隠し始めたらそれが普通なんだ。 

コメント欄や評価数、チャンネル登録者を隠している人を叩く人がいたとして、その人が相手を叩く理由は皆が知っている機能を廃止したと言う所にあるのだろう。
しかし例えば狭い範囲で恐縮だがFC2ブログには拍手機能と言うものが存在しているが、それを廃止して叩かれているユーザーを見た事がない。
そもそもFC2に名の知れた人気ブロガーなんてほとんどいないし、それは皆知らないからだ。

コメント欄やチャンネル登録者数、評価数を隠している人が仮に叩かれているとして、その機能がマイナーで皆知らないような機能なら別に叩かれないだろう。
結局叩かれたり謝罪会見に追いやられる人って私みたいな馬鹿にまで、分かるほど叩かれやすい事をした人ばかりで、馬鹿には知られてないが実は悪い事をしている人はあまり叩かれない。
文章が上手く着地しないが、それはどうなのかと思う。