子供が嘘をつく理由と大人が嘘をつく理由について。

151016ilw960.jpg

空想と現実の違いを子供は分かってはいるが、空想の話を現実のように話してはいけない事については周りの指摘を経て理解する子供もいれば、そもそも分別がついている子供は空想と現実の話は始めから分けたりする。

空想と現実の違いを頭の中では分かっていても、口が幼いから混同して話してしまう子供はやがて空気を読み改める。
しかし大人の中には大人になってから、幼児がつく結果的な嘘のような幼稚な言動を身につける者がいて、頭が良かったり、魅力はあるが明らかに一部に幼児性があるような大人は、カバーできる部分があるので指摘され辛い。

或いは指摘すらされず眼中にない、指摘されても変えない可哀そうな人もいるがそのパターンは無視する。
文章が続かないのでここで終わる。