【DQN、ヤクザ、メンヘラ】厄介者のブラフが読めれば世の中は少しは楽になる。

yakuza.png

今まで大声で怒鳴っている老人が少し相手が強い口調になれば黙ると言うような場面を見たのは一度や二度ではない。
何故そのような事が起きるのか、その老人にとって怒りはブラフに過ぎず、相手が人間的感情をぶつけてきた時にまで対応できるものではないからで、要するにハリボテだ。
ブラフは結局、本来の力を発揮しないハリボテなのだから、厄介な人間のブラフが読めればどれだけ世の中が楽になるか知らない。