【民進党員から叩かれた前原誠司】どんなに正しい選択もデメリットがあれば叩かれる。

face_angry_man3.png

最終的に自分の持ち場をやり遂げる事がメリットだと分かってはいても、進む先にデメリットがあれば人は躊躇する。
民進党を割り、希望の党に鞍替えする形で多くの党員を当選させた前原誠司は旧民進党員から随分叩かれたが、民進党員を当選させる為にはあの選択が一番正しかったように見える。
しかし正しい選択でもその中にデメリットがあれば、必ず後ろ指を指す人間が出てきて、自分の心にも後ろ暗いものを残す。
だからそれが正しいと分かっていても、人はデメリットを突き付けられると途端に弱くなる。