正しい行いをするのにストレスはいらないはず。

images (2)

正しい行いをするのにストレスはいらないはずだし、全ての動きは自然であれば肉体的疲れはあっても精神的な疲れは少ないはずだ。
精神的が疲れるのは心が間違いを感じている場合があり、その間違いが本当なら正しい方向性に正さなくてはいけないし、間違ってはいないなら余計なストレスは排除しなくてはいけない。
正しい事は正しい、間違っている事は間違っていると思えないからストレスがたまる。