【利確組の罠】与沢翼さん一押しの通貨リップルでさえ下がる話と、利確時期に頭を悩ませている話。

20170508223725.png

与沢翼さん一押しの通貨リップルでさえ、利確組が現れたら下げ始めた。
だから株式を(この場合は仮装通貨だが)する人は、ある程度チャートを見て他の投資家(主に養分になる投資家と大口)の心理が分からなくてはいけないと言われていて、しかしこれはブリーチで言う波動みたいな物で見れて損はないが力技で押しきれる人は何とかなったりする。

大体与沢翼に、手をこすり合わせてお伺いを立てている人がいるが、あの人は堀江貴文西村博之と同じように破滅を恐れないタイプの人間だ(自分の才能でまた返り咲ける自信を、潜在的に持っている為ブレーキの掛け方が人と違う)。
今は格好良く見えても、そもそも無茶苦茶な運転をしている車なんだから盲目的についていくのはどうかと思う。

随分余談が混じったかネム(NEM/XEM)の利確時期を探していて、1000円はあり得る(長期で)なんて言ったりする人は山ほど見るが、実際にその人達が今年1年ネムを持ち続けるかと言うと答えはNOだ。
投資家は未来を語りたがるが、それと同時に未来なんて幾らでも変わっていくものだと知っている。
ビットコインがまだ200万円の時に端的に言うなら″ビットコインに投資しない奴は馬鹿″と言う趣旨のツイートをしたユーザが、大金をビットコインに賭けた趣旨の発言をしてから、暴落→その後タイムライン上に未だに浮かび上がって来ない。】
と言う状況を目撃した事があるが、確かプロフィールには資産1億円以上と書いてあった。
しかし幾ら資産を持とうと投資家が恐いのはサラリーマンのように決まった収入がない収益そのもので、仮に税金として払わなくてはいけない金額にも手を出してしまった場合、資産のマイナスもあり得る。
FXで利益を出す人が大量に現れた時代はそれで、身を切り崩した人が居たり居なかったりしたと聞くが、まあ恐ろしい世界だ。
税金については、負け癖がついている私がそこまで調べる必要があるのかと、思いながらもウダウダ調べているが、利益が20万円ぐらいなら雑所得として税金はかからないそうだ。
しかしこれについても、詳しく調べなくてはいけない。

しかし投資と言うのは利益を出すタイミングと言うのも難しいな。
簡単に儲けられた方が良いのが当たり前だが、あまり簡単に儲けてしまうと変な癖がつき(やたら世間の常識を鼻で笑ったり、始めに儲けたやり方を盲信したり)、とんでもない時期に損失をだすかもしれないし、儲けられないのは言わずもがな。
ブレーキが緩い方が儲けられる事もあるし、その逆もある。

私は利口ぶる癖に馬鹿だから将棋やオセロの類いはとても弱いのだが、この世の中相手に手を指して、そして成功したタイミングでは自分が神に選ばれたような錯覚に陥る。
話は変わるが現実離れした賭け事に参加させられた結果カイジは土を越したギャンブルジャンキーになってしまったが、TBSで放送されたリアルカイジの決勝まで勝ち残ったメンバー達はあの後にちゃんと現実に戻れたんだろうか。
あれは一生忘れられない強烈な体験だろう。
とにかく折角利益が出たのに今度は利確時期でこんなに苦しむとは思わなかった。

chainmoney.net

kabu-daytrade.com

matome.naver.jp

matome.naver.jp

matome.naver.jp

matome.naver.jp