時価総額が増えた時、株は決して恩を忘れない。

ダウンロード (3)

投資は素直だ。

投資は売れた芸人や役者のように売れる前から世話になっていた恩人を捨てたりはしない。

売れる前から資金を提供してくれた恩人に対して投資は感謝をして、時価総額が増えれば時価総額が増えただけお金に色をつけて返してくれる。
ある意味、人間より誠実だ。

しかしいつまでも売れない役者や芸人のままでは先が見えている。
先が見えない存在は人間でも株でも恩を返さない。