怒りの第二原因に当たれば八つ当たりと言われるのもおかしな話。

face_angry_man3.png

普段は口喧しく言わない対象にきつく当たっている人が居たとして、その人が始めからイライラしていたら、″腹いせに当たり散らしている″と思われても仕方ない。
しかしそれは必ずしもそうではなくて、始めから気に入らなかった或いは堪に触っていたストレスの一要素だったが、気分が幾分か落ち着いていたので、多目に見ていた等があったのかもしれない。
一番の要素ではない私には怒らないで下さいなんて、コールセンターのたらい回しではないのだから少しでも要件が違えば違う窓口に話して下さいとでも言うのか。
しかし″私に当たらないで″なんて言うタイプに限ってそんな対応をされたら怒るだろう。
所詮怒りなんてポジショントークでしょうもない。