霊能力は無くても江原啓之の言葉には真実味がある。

images_20180216025438d42.jpg

一説によると、 江原啓之の霊視は事前の下調べに支えられたメンタルケアにすぎないらしいが、オーラの泉が終わり大部立ってから江原啓之の霊視が当たっていたと、一部で話題になったりと、例え霊能力がなくてもその言葉には多くの真実味があり、今でも多くの支持者がいる。

1.本物の霊能者はものごしがやわらかである

2.本物の霊能者は相談者の不安をあおるようなことはしない

3.本物の霊能者は物を売りつけたり不当な鑑定料を要求しない

4.本物の霊能力者は体を痛めつけるような儀式はしない

5.本物の霊能力者は自慢しない

6.本物の霊能者は相談者の質問に答えてくれる

本物の霊能力者の特徴6つと確認する方法

 

 

 

叶えたいことがあるとき、安易な神頼みをしても通用しません。
神を前にしたときに唯一有効なのは「誓い」です。
やるべきことはやり、そのうえで神様に誓い、加勢を願うのです。
人事を尽くして天命を待つ。
まずは自分の努力が不可欠です

人生は選択の連続です。
岐路に立ったときは、世間の価値観ではなく、あなたがたましいから納得できる選択をしてください。
人からどう見られるかは関係ありません。
あなたが幸せになれる選択が、最善の道なのです。

どうしてこんなひどい人と出会ったんだろう?と釈然としない出来事があるかもしれません。まず、あなた自身の波長が低くなっていないかをよく分析してください

大事な物を失ったなら
失ったことに意味があるのだと受け止めて下さい
一つの舞台が終わり、次の新たなる舞台が用意されているのだと
むしろ希望を持って下さい

望んでいない結果が出たとすれば
それは間違いなく小我が引き寄せたものです
自分を見失った代償は
いつか払うことになります

うまくいかないときは
うまくいかない方がいい理由があるのです
そのことに気づいて下さい
決して焦らないで下さい
いつかは全て収まるべき所へ収まります

虐める人に幸せな人はいません
あなたがそんな相手の犠牲になる必要はありません
戦うことも無駄なことです

心がネガティブになっているときは
全てを一旦棚上げして
自分を休ませてあげましょう
長い一生のほんのちょっとの期間です
たまにはそんな時間を自分に作るのもいいのではありませんか

占いはね、バイオリズムです
バイオリズムだから当たったておかしくはないんだけど
一番悪いのはねひきづられる事