幸福も不幸も有り触れた只の現実で特別な物ではない。

ダウンロード (1)

不幸も幸福も受け入れるしかないと言う点では似ている。
しかし不幸に慣れている人は幸福は簡単には訪れないと考えている。
幸福なんて起きてしまえば只受け入れるしかない事であり、只の現実だ。